ちいさな宇宙の独り言。goldencat73’s blog

細々と、好き勝手に書いています。 以前、他で書いていましたが 御縁がありコチラへ、お引越しをしました。 my world案件・記録が多いですが 読んで頂けますと嬉しく思います。 宜しくお願いします。

糸。-ブログ引っ越し,再投稿。


更新。


なんとなく、
寝れなくなっちゃったので
ちょっぴり、お話を。。。(*´-`)



糸。

運命の赤い糸。


なんてのに、
昔々、憧れてた頃もありました。


糸。

運命の。。。糸。


きっと、
ホントにあるんだと思います。

でも、その糸は
運命は運命で繋がってても

赤くないかもで。。。


中島みゆきさんの
『糸』
って、知ってはりますかねぇ?


いろんな方が
カバーされてるので
有名だと思うんですけど


私、
この曲・歌詞を聴いた時
スゴく、感動したんです。



最後の
『逢うべき糸に 出逢えることを
人は 仕合わせと呼びます』
って、フレーズ。



まさに、
その通りだと思ってて


たとえ、
その糸が赤くなくても


その糸と布を
織り成す事が出来なくても


出逢えるだけで
出逢えただけで


シアワセなんだって
私も、思います。


いや、
思っています。。。



時・運命って
止まってなくて

いつも、進んでて
置いて行かれそうになって


でも、
立ち止まってる訳には
行かなくて。。。


私の知らない事は

きっと、
いっぱいあって

私には
知る事が出来なくて。


でも。。。




もう、
ダメなんだろうかって

思っちゃう事も
いっぱいあるんですけど


でも、
諦められなくて。

諦めたくなくて。



自分から、諦めるのは

ただ、
逃げてるだけかなぁ~って。



なんか、
きっと、訳が
分からないと思うんですけど


お話、
してみました。。。



下記に、
中島みゆきさんの
『糸』
の、歌詞をのせてみました。



曲なしで、詠むと
何か違うモノを感じるかもです。


良かったら
どうぞ。。。






作詞:中島みゆき 
作曲:中島みゆき


なぜ めぐり逢うのかを
私たちは なにも知らない
いつ めぐり逢うのかを
私たちは いつも知らない
どこにいたの 生きてきたの
遠い空の下 ふたつの物語
縦の糸はあなた 横の糸は私
織りなす布は いつか誰かを
暖めうるかもしれない

なぜ 生きてゆくのかを
迷った日の跡の ささくれ
夢追いかけ走って
ころんだ日の跡の ささくれ
こんな糸が なんになるの
心許なくて ふるえてた風の中
縦の糸はあなた 横の糸は私
織りなす布は いつか誰かの
傷をかばうかもしれない

縦の糸はあなた 横の糸は私
逢うべき糸に 出逢えることを
人は 仕合わせと呼びます

 

 

 

2015.9.24分、再投稿。